--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.28

観劇 「虹色の翼」

anpontan


   2/26(日)

午前中は、娘の英検試験。午後は、夕方から隣町で観劇でした。
一日、台風?っていうくらいの酷い雨風で、底冷えがしてました。

英検の方は、前日に私も試験官の役になって(二次試験なので面接
夜遅くまで向き合ってたのですが、どうも、落ち着きがなく焦ってる。
その気持ちが伝わってくるから、なんかね、ちょっと可哀想で
本来の力を、思い切り出して欲しいと思いながら、
当日も、雨の中車の中で祈る思いでした。

結果、ちょっと気になる応対もあれど、うーん微妙ですがマズマズ・・・なのかな。
緊張の糸が解けて、ホッとした娘の笑顔が、何だか印象的でした^^
・・・お疲れ様!!!


でも、また明日から学年末試験が始まるので、そうそうノンビリ出来る筈も無く・・・模試に、英検、試験に部活。
大変な毎日やけど、いまが青春がんばれ~~~


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


夕方の観劇『虹色の翼』は、5時半開演でしたが、かなり盛況との前評判なので、
駐車場や席の確保のために、3時半には現地に行ってました
向かう前には、留守番の夫とよーくんの分&公演後に実家で食べる私達の夕飯の準備もしていたのでバタバタ~~と慌しい時間でした。ふぅ。。。

到着後、この観劇を紹介してくれ、チケットの手配もしてくれた母とも合流しました。
実は、この公演には、娘の小学生の頃の(母子家庭時代の)友人が出演するのです。

彼女(Iちゃん)は、当時から特殊学級で娘のクラスとの合同授業をしてました。
Iちゃんとは、近所で毎日登下校をしていて、とても仲良しでした
Iちゃんとのお付き合いで、それまで遊びで母娘で手話を覚えていたのが、娘はみるみる上達したものです。
もう何年振りに再会するんだろう?娘は中学生の時に、実家に帰ったときなどは時折逢ってたみたいだけど、私は10年振りくらいになるかな?

Iちゃんのお母さんとも、その頃は母子家庭の私達を支えてくれて、本当に心強かったものですが、我が家にも遊びに来てくれてたから久々だったんですけどね^^


とにかく、開演前に一目逢って応援したかったので、楽屋の方に3人で挨拶に行きました。
小さなブーケと、クッキーの詰め合わせを持って・・・♪

久々に逢えたIちゃん、もううっすらと舞台用に化粧してました天使の役です^^
娘ともお互いに手話で話して、(ちゃんと覚えてるやん♪) 旧友との再会喜んでました。
私も最後に「頑張ってね!」と手話すると、Iちゃん親指を立てて、
「まかせてよ!」と言わんばかりの笑顔で応えてくれて嬉しかったです^^

この劇団「An-Pon-Tan」は、障害者と健常者が舞台の上でともに輝く「夢のバリアフリーミュージカル」劇団で、三重県鈴鹿市を中心に活動する団体です。
結成時には7名だったのが、今や120名という大規模な劇団に
名前の由来が面白い^^

  「物事を進めていくうえで、何事にも既成概念にとらわれずに、
   クリアな頭(=あんぽんたん)で、自由な発想・行動をしていこう!」
らしい
「あんぽんたん!やなぁ、もー・・・」と、よくよーくんにもおどけて遣う言葉です(笑)

地元ではかなり有名らしく、もう開演前には満席でした!

今回の『虹色の翼』は、自分の翼を持たない見習い天使が、翼を探すため人間界に舞い降り、
様々な人との出会いを通じて成長し、夢を実現させていく物語。
公演に向け、一昨年8月から団員を募り、障害者を含めて120人が練習を重ねてきたようです。



ただ、残念ながら、私も娘も出来たら試験前なので、実は1時間くらいで帰るつもりだったの。
しかし・・・・後半クライマックスに抜けられるか?と思ったら、
もう感動感動の連続で・・・・最後まで拍手でした。
涙、ポロッポロ流れて流れて~~・°°・・°°・。


やはり、演技の上手い下手ではなく、観客にどれだけ心にドドドーンと響いてくるか、なのですね。

観劇して感動したこと。
  それは、 彼らの、「やれば出来る!」の気持ち。
  それは、「失敗が教えてくれるものは、たくさんあるはず!」という前進の気持ち。
  それは、「夢は、決してあきらめてはいけない!」という勇気。
  そして、「仲間を大切に想う」という、あたたかな心。。。。


ダウン症の人、車椅子の人、知能障害の方。。。
色んな方に健常者も混じって、総勢120人の大舞台でした。 圧倒された~~!
きっと、日々の練習もリハも、大変だっただろうけどね。
Iちゃんのお母さんは、裏舞台で頑張ったのだけど、Iちゃんの体調も気遣いながらの何ヶ月、えらかったって。。。
ほんと、『継続は力なり!』ですね。
彼女の、そんな昔から苦労を表に出さないカラッとした話を聞きながら、
二人で、公演後にボロボロ泣きながら、そして前向きな笑顔満開で話し続けました。


とても勇気付けられた一日でした。。。

地元のTV局も、翌日の番組で特集にして放映して絶賛していました
次回は名古屋公演(名古屋市民会館中ホール3/18(土)・19日(日))とか。
皆さん、体調を崩さず、頑張ってください!!

私も、彼らの熱演、忘れません^^!!
娘との、帰りの車中での会話も、いつになく弾んだことは、言うまでもありません

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://4cloveraki.blog34.fc2.com/tb.php/20-c5910ccc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
dianaさんの文章を読むだけで、感動してしまいました。
障害者・健常者関係なく、とても大事なことですね!
自分はもちろん、子供たちに、伝えていきたいことだなと
思いました。

お嬢さん、英検お疲れ様!試験も頑張ってね!
Posted by akiko** at 2006.03.02 10:16 | 編集
e-414 akiko** さん
なかなか文才なくて、感動を伝えるのが下手なんですが、恐縮です~。
でも、ほんと、「当たり前」にある毎日や、健康体、改めて感じました。
こんなに精一杯訴えててくれてる彼らの、その大切さを、何かの形に残していくことが、
その人その人で、考えることが大事なんですよね。
akiko**さんは、日々その動きが素晴らしいです。
私に出来ること、小さなことから、何かしていきたいものです^^

あ、英検、無事に合格できたのですよe-278良かったです^^
応援の言葉、ありがとう!!
Posted by diana at 2006.03.12 00:21 | 編集
dianaさん・・こんにちは。
↑読んでウルウルしてしまいました。
何て素敵な言葉・・夢のバリアフリーミュージカル!!!!
120人の舞台って凄い迫力ですね。
私も見てみたかったです。
継続は力なり・・本当にすですねv-22

ps娘さん英検合格おめでとうがざいましたv-238
Posted by yumi at 2006.03.13 10:49 | 編集
お嬢さん英検合格おめでとうございます。チャレンジしたことに良い結果が出るのは、自信になるし、何より嬉しいことだよね。ほんとに良かったです。うちの娘の幼稚園は、障害児を受け入れているので、今回のお話はうなずきながら読みました。みんなが、それぞれの場所で輝けるのって、素晴らしい。・・うちのほう、今すごい風&雨です。春の嵐って感じです。あ~また花粉が飛ぶわ!
Posted by ヤマザキ at 2006.03.17 02:26 | 編集
e-414 yumiさん
ごめんね、遅くなって<(。(エ)。)>
120人って、結構な迫力でしたよ。
最後は、総勢舞台上だったしね♪
でも、ひとりひとりの演技が、それぞれに光ってたよe-267
力づけられました^^

英検、ありがとう!これもまた、継続は力なり~e-271ですよね^^
Posted by diana at 2006.03.24 11:56 | 編集
e-414 ヤマザキさん
遅くなりました<(。(エ)。)>
英検合格へのメッセージ、ありがとうございます!!
娘は、本当に英語が好き!みたいです。
その情熱、いい方向に伸びていって欲しいなe-440
娘さん、身障者の子とともに、優しい心が育ってくれるといいですね♪
相手の気持ちを、心から感じられる子供や大人が、今は本当に少ないように思います。
それぞれが輝ける場e-267を、ずっと持ち続けて欲しいですよね^^

花粉症、その後どうですか?
私も、かなーりやられてますe-282くぅ。。。
お大事にしてくださいね♪
Posted by diana at 2006.03.24 12:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。